地区委員会

Share on Facebook

rotary_logo_blue

拡大・会員増強委員会

事業や専門職のリーダーであるロータリアンは、地域社会で積極的な役割を果たしながら、個人生活や職業生活の向上に努めています。ロータリー・クラブには、クラブが奉仕する地域社会の事業や専門職務の多様なリーダーが会員として所属し [...]
rotary_logo_blue

広報・IT・会報委員会

国際ロータリー第2700地区 広報・IT・会報委員会 カウンセラー 原田 光久(小倉RC) 委員長 在津 吾朗(福岡城東RC) 桧枝 泰秀(久留米RC) 副委員長 吉田 尚史(筑後RC) 荒添 公憲 (八幡RC) 平嶋 [...]
rotary_logo_blue

ロータリー情報委員会

国際ロータリー第2700地区 ロータリー情報委員会 カウンセラー 富田 英壽(甘木RC) 委員長 中野 博(大牟田南RC) 副委員長 角田 成弘(苅田RC) 脇坂 愛次郎(福岡東RC) 委員 荒木 友吉郎(田川RC) 橋 [...]
rotary_logo_blue

職業奉仕委員会

ロータリーの四大奉仕部門の一つである職業奉仕は、ロータリアンがそれぞれの職業を通じて他の人々に奉仕し、高い道徳的水準を保つことを奨励します。ビジネス界のリーダーであるロータリアンは、各自の職業を通じて技能と専門知識を提供 [...]
rotary_logo_blue

社会奉仕委員会

世界中のロータリアンは、地元地域に還元するために一世紀余りにわたり「超我の奉仕」を行ってきました。それぞれのロータリー・クラブが異なるように、社会奉仕プロジェクトの種類や内容もさまざまですが、すべてのプロジェクトに共通し [...]
rotary_logo_blue

青少年奉仕委員会

国際ロータリー第2700地区 青少年奉仕委員会 カウンセラー 熊澤 淨一(小倉東RC) 委員長 田村 志朗(福岡東RC) 委  員 山本 啓之(若松中央RC) 末松 孝一(行橋RC) 林 寛之(門司西RC) 山崎 英之( [...]
rotary_logo_blue

インターアクト委員会

インターアクトは、12歳から18歳までの青少年のための国際ロータリーの奉仕クラブです。インターアクト・クラブは、支援や指導を与えるロータリー・クラブが提唱して結成されますが、運営面でも経済的にも自立しています。 クラブ会 [...]
rotary_logo_blue

ローターアクト委員会

ローターアクトは、18歳から30歳までの青年男女のための、ロータリーが提唱する奉仕クラブです。ローターアクト・クラブは通常、地域社会または大学を基盤としており、地元のロータリー・クラブが提唱しています。ローターアクト・ク [...]
rotary_logo_blue

RYLA・青少年育成委員会

ロータリー青少年指導者養成プログラム(RYLA)は、ロータリーが実施する若者たちのための研修プログラムです。RYLAの対象となるのは年齢14~30歳の青少年ですが、多くのクラブや地区では、14~18歳、19~30歳など、 [...]
rotary_logo_blue

国際青少年交換委員会

ロータリー青少年交換に参加する学生は、最高で1年間、母国以外の国でホストファミリーと生活をともにし、学校へ通います。 ロータリーの長期と短期の青少年交換プログラムによって、参加者は、新しい生活様式、さらには新しい言語、そ [...]
rotary_logo_blue

国際社会奉仕委員会

世界社会奉仕プロジェクト(WCS)は、2カ国以上の国のロータリー・クラブが共同して社会奉仕を計画することから始まります。WCSは、プロジェクトのために海外からの援助を必要としているロータリークラブが、資金や物資面で、ある [...]
rotary_logo_blue

米山記念奨学委員会

財団法人ロータリー米山記念奨学会は、勉学・研究のために日本に在留している私費外国人留学生に対し、日本全国のロータリアンからの寄付金を財源に奨学金を支給し支援する、民間の奨学財団です。 ロータリー米山記念奨学会は、将来母国 [...]
rotary_logo_blue

ロータリー財団委員会

ロータリー財団の使命は、ロータリアンが健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることです。当財団は非営利財団で、ロータリアンをはじめ、より良い世界を築こう [...]
rotary_logo_blue

危機管理委員会

地区危機管理委員会は、特に新世代育成プログラムに参加する全ての青少年の安全と健康および健全な生活を守り、交通災害・自然災害等の事故・災害からの保護と、身体的、性的、精神的虐待あるいはハラスメントを防止すると共に、かかる事 [...]