2011-12年度RI会長挨拶

Share on Facebook

2011-12RI会長カルヤン・バネルジー

2011-12RI会長カルヤン・バネルジー

深く自己を省みることによって、 人類が皆、同じ夢、 同じ希望、同じ願望、 同じ問題を分かち合っていることを、 理解していただきたいのです。

2011-12年度は、まず自分自身を見つめ直すこ と、すなわち「こころの中を見つめよう、博愛を広 げるために」のテーマを実践していただきたいとい うのが、ロータリアンの皆さまへの私からのお願い です。深く自己を省みることによって、人類が皆、 同じ夢、同じ希望、同じ願望、同じ問題を分かち合っ ていることを、理解していただきたいのです。誰で あろうと、どこに住んでいようと、私たちはそれぞ れ、同じように平和と充足を願い、充実した毎日を 送りたいと望んでいます。人に何かを与えようとす るなら、まず自分自身にそれを与えることです。な ぜなら、自らが抱く望みを理解せずして、人々の望 みを理解することはできないからです。  全世界で平和について語る前に、まずは自分から 始め、その後で外に目を向ける必要があります。心 に平和を見出してこそ、家の中に平和をもたらし、 家族に平和をもたらし、そして地域社会に平和をも たらすことができるのです。同様に、全世界で平和 を築こうとする前に、まず自分の家庭で平和を築き、 全世界で友情と寛容の心を育もうとする前に、まず 自分の周りの人々に対してそれを実践しなければな りません。言い換えれば、心が平和であれば、家庭 が平和になり、この平和をほかの人々と分かち合う ことができるということです。愛する人、大切な人 と一緒にいることに喜びと満足を感じるように、私 たちは、他者を大切にすることができるのです。  自分が強くなれば、共に生きる人々や家族も強く なります。そして、強い家族を土台として、前進し ていくことができるのです。うちに強さを秘めた 人々が協力すれば、人類にもより良く奉仕すること ができます。これこそ、私たちがロータリーで行っ ていることです。  今年度には、ロータリーの奉仕において3つの強 調事項に力を注いでいきたいと思います。第一に、 強い家族を築くこと、第二に、私たちが一番得意と することを継続していくこと、最後に、変える必要 があることは変えるということです。

年度の第一の強調事項は、「家族」です。万事は 家族から始まります。私たちが行う奉仕すべて、ま た世界で成し遂げたいと望むことすべての出発点 は、家族にあります。そして、あらゆる家族の中心 を成しているのが、母と子です。ここから始めてこ そ、人々の生活や地域社会全体を通じて、世界をよ り良くしていくことができるのです。

第二の強調事項は、「継続」です。私たちが得意 とすることは何かを知り、それを継続しながら次の レベルへと高めていくことです。私たちは皆、ロー タリーの奉仕で成功を収めてきました。これらの成 功を土台に、今後もさらに多くの人々に手を差し伸 べていくことができるでしょう。ですから、きれい で安全な水の提供、疾病の予防、識字力の普及、新 世代のための活動や新世代との協力、平和への努力 といった活動を、これからも続けていかなければな りません。

同時に、改善できること、変えるべきことがある ことを、私たちは知っています。こうした事実を勇 気をもって見据え、変えるべきことは何かを見定め、 必要な変化をもたらしていくために行動していかな ければなりません。  マハトマ・ガンジーはかつて次のように述べまし た。「世界の変化を望むなら、あなた自身がその変 化にならなければならない」。  ロータリーにおいては、私たちは、友情と親善を 分かち合い、あらゆる人々の真の価値を見極めるた めに、倫理的に、誠実に生きようと努力しています。 ロータリアンは並みのことには満足しません。なぜ ならロータリーは非凡な組織であり、ロータリアン は類まれな人々だからです。私たちが自分自身を高 めることによって、世界を高めようと取り組むのは、 このためなのです。  私たちは皆、ロータリーを通じて世界を変えたい と望んでいます。ロータリアンとなる理由は、まさ にこれに尽きるのではないでしょうか。幸せと健康と平和にあふれた世界をつくることができる、過去 よりも明るい未来を築くことができると、私たちは 信じています。理想主義者である私たちは、ロータ リーの奉仕を通じてこの理想を実現しているのです。  2011-12年度の第三の強調事項を「変化」とし たのは、このためです。世界に望んでいる変化に、 まず私たち自身がなることです。平和を望むなら、 家庭に、地域社会に、自分自身の生活に平和をもた らすことから始めるのです。ポリオやほかの病気を 世界からなくし、環境破壊に歯止めをかけ、子ども の死亡率を減らし、識字率を高め、飢えを減らした いと望むなら、自分自身がこの変化の担い手となら なければなりません。それには、まず自分の中にこ そ変化を起こすことの必要性を認識しなければなら ないのです。  「こころの中を見つめよう、博愛を広げるために」。 平和、調和、そして友情の精神の中で変化をもたら し、すべての人々のために、さらに喜びある世界を 築いていこうではありませんか。