10月1日(土) に2700地区米山カウンセラーセミナーが開催されました。

Share on Facebook

20111001米山

20111001米山

 出席者は、今年度奨学生21名のカウンセラー19名、小山田ガバナー、横倉PG地区米山カウンセラーと地区委員全員の総数31名の参加でした。
 小山田ガバナーの挨拶の後、安増地区委員長の「年度途中でのカウンセラーにお願い」、現奨学生 張 聖洙 君の「奨学生になってからの研究環境の変化」、九州学友会 唐 雋会長の「学友会の意義と活動報告」 の講演の後、出席カウンセラー全員に「世話奨学生と世話クラブの現況報告」をしていただきました。
 カウンセラーの皆様が、心から奨学生を気に留めてくださり、ロータリーと日本の理解の良きアドバイザーになってくださっていることが皆様の報告から伝わりました。
 「学問を究めた親日家・知日家を育てる米山記念奨学事業」の目的は、世話クラブの皆様とカウンセラーの皆様によって実を結びます。
20111001米山委員会

20111001米山委員会