米山研修旅行の報告

Share on Facebook

米山研修旅行

米山研修旅行

 今年の米山研修旅行は下記の日程で行いました。
 10月15日 サントリー熊本工場見学⇒矢部通潤橋の放水見学の後、天岩戸神社にお参りし、高千穂神社を参拝しました。

 高千穂神社では、宗像大社高向宮司(宗像クラブ)より「正式参拝のお願い」をして頂いてたので奨学生も、特別の祝詞や眼前の巫女の舞に感激していました。

 参拝の後は、今回の研修旅行の主目的でした「高千穂の夜神楽」を、会場を借りきって60分間を堪能しました。

米山研修旅行

米山研修旅行

 夕食も、古民家風の店で「かっぽ酒と郷土料理」を楽しみながら、奨学生はそれぞれの国の歌や踊りを披露しての賑やかな夜でした。

 10月16日は、高千穂峡谷を時間をかけて散策し、阿蘇山をを見ながら高森で「田楽料理」を初体験し日本の文化と歴史に触れる旅を終えました。

 参加者は、奨学生16名家族11名と米山学友15名、地区委員3名の45名です。
  

米山研修旅行 高千穂神社

米山研修旅行 高千穂神社

 研修旅行は、費用の一部を本人と地区委員会が一部負担は致しますが、世話クラブが「世話クラブ補助費」から20.000円を寄付して下さったことで実施可能でした。ありがとうございました。

2700地区米山記念奨学委員会 地区委員長 安増惇夫 記