2017-18年度 インターアクトクラブ指導者講習会

Share on Facebook

インターアクトクラブ指導者講習会報告

国際ロータリー第2700地区
2017-18年度 インターアクト委員会
委員長 竹田 有徳

2017_指導者講習会

 

平成29年7月29日(土)30日(日)に福岡県立社会教育総合センターにて インターアクトクラブの指導者講習会を開催いたしました。ホスト校は福智高等学校、コ・ホストは苅田工業高等学校、ホストRCは田川ロータリークラブでした。 インターアクター90名・顧問教師30名・ロータリアン30名・地区委員11名の総勢約 160名ほどの参加でございました(ホスト校・ホストRC除く)。

まずは指導者講習会という大会の内容を説明しますと、以下の通りです。

指導者講習会

参加者)
●インターアクトクラブ各学校の会長・副会長・幹事とうの役員3名
●各学校の顧問教師1名
●提唱ロータリーのインターアクト委員長1名。

目 的)
●新役員対象のリーダー研修。
●指導者同士の友好を深め地区内の結束と友好を促進。

内 容)
●社会奉仕・国際奉仕・リーダーシップ等をテーマにセミナーを行う。
●実践的な分科会を設け親密で活動的な検収の実施。
●ホスト校が主体となって企画~立案する。ホストRCはそのサポートを行う。

上記の様な参加者・目的・内容のもとに指導者講習会を毎年開催しております。

今回のテーマは『感謝!協働!成長!~共に心と力をあわせて~でした。 このテーマは福智高等学校のインターアクターが日ごろの思いを形にした物でした。 日頃の募金活動や清掃活動を通してありがとうという言葉を沢山頂いた。有難うと思うこと。そう感じる心が『感謝』を感じる心である事を学び、 アクター全員で取組む活動。すなわち『協業』であり、このインターアクトの活動を通して2700地区のアクター全員が『成長』していく。そんな素晴らしいテーマのもとに開催されたのでした。

1泊2日の中で3つの研修が計画されていました。

研修① 『野外炊飯~カレー調理』
研修②  幼児教育専門家の熊野みつ子様による講義
『いまを生きるあなたたちに伝えたい、~親として、大人として、人生の先輩として~』
研修③  ウォークラリー

この3つの研修は指導者講習会の本来の目的にしっかりと沿う形で計画され実施されました。本来の目的をインターアクターが理解されてある事が素晴らしいと感じました。

昨年からこの指導者講習会を1泊2日で行うこと致しました。数年前までは1泊で開催されていたようですが近年は1日で行う事が通例となっておりました。 1日で行う講習会も短い時間の中でもしっかりと計画された素晴らしい会であることは間違いございませんが絶対的に違うのは、生徒同士の絆の深まりです。 一緒に活動し、夕食・朝食・昼食を共にし、お風呂に入り自由時間には会話を楽しみ とても有意義な時間をすごします。それに加え同世代であり、各学校の幹部という同じ立場 同じ境遇の中での仲間と一緒に過ごすわけですから。 指導者講習会の開催行事の中の主催者挨拶で私はインターアクターの皆様にこうお願い致しました。「 今日明日の2日間皆さんは傍観者ではなく当事者としてこの指導者講習会に参加し、そして精一杯楽しんで下さい!この指導者講習会は私達みんなで作り上げていく。意義の有る講習会にするんだ!という当事者意識をもちこの講習会を成功に導いてください。」 当事者意識を持つ事こそが、作り手の意志・意図を理解する気持ちや思いやりを持つ事となります。ひいては真剣に取組む事となり、結果とても素晴らしく楽しい経験をすることになると私は思います。そして何より自分自身楽しむ事が出来れば、どんな事にも興味が湧いてくる。そして積極的になる。そして仲間を沢山作ることができる。 そういった思いをこの1泊2日の指導者講習会で、各学校のアクターが感じ取ってくれるような気がします。

仲間が増える事は財産です。ましてや知らない高校30校の生徒と仲間になれるなんて 簡単に出来る事ではありません。インターアクトクラブだからこそ体験できるんだと思います。この素晴らしさを今から先も知って頂きたいし、伝えていかねばと感じます。

福智高等学校・苅田工業高等学校のインターアクター・学校関係者の皆様。 そして田川ロータリークラブの皆様。 とても素晴らしい2日間でした。企画から立案まで本当にご苦労様でした。 心からお礼申し上げます。 有難うございました。

口で1泊2日というのは簡単ですが、実際に担当される高校・クラブは大変です。 そういう意味では田川ロータリークラブの皆様には大変お手数をお掛けしました。 色んな課題はまだまだございますが、青少年のより良き未来のために。青少年がより輝く為に。 そんな気持ちを忘れずに地区インターアクトクラブとして、そしてロータリアンとして 出来る事をこれから先もやっていく所存でございます。

本年度も生徒の笑顔がたえない素晴らしい指導者講習会でございました。