九州北部豪雨災害義捐金につきましての御礼とご報告

Share on Facebook

福岡県服部誠太郎副知事に義援金目録を贈呈する安増惇夫ガバナー2017年7月5日~6日に、九州北部を襲った「平成29年7月九州北部豪雨災害」被災者への支援をと、7月10日付にて地区内61全クラブに義捐金のお願いをいたしましたころ、会員諸兄より心温まるご支援を賜り、誠心のこもった義捐金をお寄せいただきました。皆様の温かいお心遣いに胸が熱くなり感謝の言葉しかございません、衷心より御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

また、安増と同期の全国のガバナーの皆様からも、支援のお申し出が相次ぎましたので、全国33のガバナー各位にも、ガバナーの皆様のご判断にお任せする要領で義捐金のお願いを申し上げましたところ、全国のロータリアンの皆さま方からも、思いもよらない多額の義捐金をお寄せいただきました。被災された方々へロータリアンが寄せる互譲互助の思いを痛感し、ロータリーの信条を改めて実感させていただきました。

この度地区内はもとより全国各地の皆様方よりお寄せいただきました御浄財は、ロータリアンの被災地復興へ寄せる切なる願いとして、被災された皆様への大きな力添えになったものと確信いたしております。 皆様方の御厚志は、9月11日(月)、病気加療中の福岡県知事の代行を務めておられる服部副知事に、この義捐金(総額81,792,679円)に託す全国のロータリアンの心と共に贈呈してまいりましたのでご報告申し上げます。

 

国際ロータリー第2700地区

ガバナー 安増 惇夫