久留米市にて薬物乱用防止教室を開催します。

Share on Facebook

本年も11月1日より久留米市内の小学生を対象とした薬物乱用防止教室を開催いたします。

2003年当時、久留米市内におけるシンナー乱用による少年検挙率は非常に高く、関連事件の発生数も県内最悪でした。そうした状況を改善できないものかと久留米中央ロータリークラブが発起し、これに久留米市役所と福岡県警が応じる形でこの活動が始まりました。

当初は中高生までを対象としていましたが、現在は小学生を対象とした活動に絞り、久留米市内の4ロータリークラブ(久留米中央RC、久留米RC、久留米東RC、久留米北RC)に浮羽ロータリークラブを加えた5クラブと久留米市の青少年育成課とが協力して、薬物乱用の弊害について啓蒙する活動に取り組んでおります。

成果は年々上がり、ここ数年はシンナーによる少年の検挙者はありません。

毎年6月と11月の2回に分けて久留米市内の小学校をひと回り訪問しています。今回は久留米市内47校中12校にて開催する計画です。