国際ロータリー2700、2730、2740地区合同、長崎くんち・平和学習研修

Share on Facebook

長崎訪問 10月7日~8日、恒例の九州内の国際ロータリー2700、2730、2740地区合同の平和学習を2740地区のホストで、長崎原爆資料館及び爆心地や平和公園を見学しました。長崎原爆資料館では原爆の写真や資料を真剣に見入る各国の学生達は、あまりの悲惨さに声を無くしておりました。平和学習室で英語で語られた被爆者の生の話を聞いて、平和の尊さと核兵器の恐怖を目の当たりにして、平和希求の思いを強くしたこと思われます。その後、爆心地を見学後、平和公園にて自分たちで心をこめて作った千羽鶴を折鶴の塔に手向けて平和への祈りを捧げました。

夜には伝統芸能である長崎くんち見学を公会堂前で見学しました。「モッテコーイ」、「ショモーヤレ」の掛け声を全員で発声したりするなど学生達は日本の伝統芸能や祭りを楽しんでおりました。今年は中でも上町の出し物のコッコデショは圧巻でした。

ハウステンボス翌日は各地区のインバウンドやROTEX達は楽しみにしていたハウステンボスで交流を深めておりました。

 

RI第2700地区 国際青少年交換留学委員会 委員長 貞包 忠(大川RC)