米山梅吉ものがたり

Share on Facebook

日本ロータリークラブの父と呼ばれる米山梅吉について、もっと中高生の子どもたちに知ってもらおうという地区青少年奉仕委員会の活動が実現しました。

自らの職業である図書出版を通じた職業奉仕の一環でもあると言う2017-18年地区青少年奉仕委員会の田村志郎委員長率いる「マンガ 日本ロータリークラブの父 米山梅吉ものがたり」制作プロジェクトがリリースした一冊には、米山梅吉氏の功績を子ども達に少しでもわかりやすく伝えたいという思いがこめられています。

マンガ 米山梅吉

米山 梅吉(よねやま うめきち)
1868 ~ 1946

日本のロータリーの創始者。

1918年の渡米中、ダラスロータリークラブ会員の福島喜三次の紹介により、ロータリークラブと出合いました。
帰国後の 1920 年 10 月、米山梅吉は東京RCを創立し会長に就任しました。
これが、日本のロータリークラブの第一歩となりました。
1926-27 年度には日本人初のRI理事に就任。
1928-31 年度第 70 地区(当時)ガバナーを務めています。

出典:ロータリーの基本知識 日本編

当冊子は国際ロータリー第2700地区を中心に、関係各所に無償配布されたものですが、多くのお問合わせに対応するため、現在、下記から入手することができる形とさせていただいております。

マンガ 日本ロータリークラブの父 米山梅吉ものがたり