【光脱毛は痛い?】どれくらい痛い?痛み・熱い理由/VIOや髭など脱毛効果と痛み

【光脱毛は痛い?】どれくらい痛い?痛み・熱い理由/VIOや髭など脱毛効果と痛み

光脱毛は痛いの?光脱毛の仕組みと痛みや熱さを感じる理由について

光脱毛は痛い

光脱毛は輪ゴムで弾かれたような痛みを感じることが多い/脱毛機器の種類によりほぼ痛みがない施術が可能

光脱毛の照射するレーザーは肌の中の毛根を目指します。毛根の中のメラニン色素にレーザーは反応し、熱を発生させるのです。このようにして毛根を破壊するため、痛みを感じるという人も存在します。しかし現在は脱毛の際に冷却を同時に行うシステムが導入されたり、皮膚を吸引することで痛みを軽減させる仕組みが充実しているので、かなり楽になりました。脱毛器の種類によっては、ほとんど痛みを感じないというケースもあるのです。

痛みの感じ方は個人差が大きく痛みを感じない人、痛みではなく熱さやヒリヒリ感がある人などさまざま

光脱毛の痛みは、脱毛効果に個人差があるように痛みの感じ方にも個人差があります。よく言われるのは脱毛の光が照射されるときに「皮膚を輪ゴムで弾かれたような痛みが走る」ことです。他にも「肌の内側に熱がたまるのを感じた」「日焼けした時のようなヒリヒリ感を感じた」という人もいます。毛穴や毛の性質によって、脱毛の効果や光のパワーも異なるため、痛みの感じ方も均一ではないのです。耐えられないときにはスタッフに声をかけましょう。

光脱毛の仕組み/脱毛のフラッシュは毛のメラニン色素に反応し毛根にダメージを与える

光脱毛の「光」は、レーザーのことを指します。このレーザーは肌の中にある黒い色素のメラニン色素に反応する性質を持っています。そのため、肌にこのフラッシュを当てると毛穴の中にあるメラニンに反応し、光が集中して熱が発生します。この熱が毛穴の中の毛根に蓄積し、毛自体を生やす毛根を破壊するのです。メラニンは黒い色素なので、光脱毛が日焼けした肌などには適さないと言われる理由もここにあります。毛根内のメラニン色素に脱毛器の光が反応するということがポイントとなるのです。

毛のメラニン色素は照射時に光や熱を吸収するため照射する瞬間に痛みを感じやすい

肌の黒い色素「メラニン色素」は毛や毛根内に存在します。光脱毛はそれに反応してフラッシュを放ち、熱を放出させるのですからこの際に痛みを感じるのは珍しいことではありません。毛穴や毛根のメラニンに熱が蓄積され、細胞を破壊することで毛が生えない肌を作ることが出来ます。同時に毛根にダメージを与えることに繋がるため、痛みが発生するというのは当然と言えるでしょう。あまりにも強い痛みの場合は、スタッフに光を調整してもらうことが出来ます。

痛みは照射時に瞬間的に感じるため長時間痛みがあるワケではない

光脱毛の痛みは施術中であればずっと痛いまま、というわけではありません。あくまで光脱毛の器具を肌に当てて、実際に脱毛を行う時のみ痛みが発生するということを知っておきましょう。光は延々と照射されているのではなく、カメラのフラッシュのように一瞬光ってから消えます。それが繰り返し行われ脱毛施術が終わることになるのです。過度に脱毛施術を恐れるあまり、痛みが施術中ずっと続くと思い違いをされることがありますが、誤解ですので注意して下さい。

テスト照射やトライアルのある脱毛サロンなら照射時の痛みや熱さを確認することができる

「実際に脱毛サロン等に通う前に、光脱毛が痛くないか知りたい」という方もいるでしょう。ほとんどの美容サロンではこういったお客様のニーズに対応する策を設けています。初回カウンセリングや無料相談の際には、実際の脱毛器を使用して簡単にテスト照射を受けられます。自分の肌に合うかどうか、熱や痛みなどを実際に感じて検討することが出来るのです。初回カウンセリングの際には一度テスト照射の有無を質問してみると良いでしょう。

痛みが心配な方はSSC式・SHR式脱毛のように痛みがほとんどない脱毛器を導入しているサロンを選ぶと良い

それでも痛みが心配という人は後を絶ちません。そういった方の場合は、より痛みが軽いと言われてる脱毛施術をおすすめします。たとえば、光がメラニンではなくジェルに反応して脱毛を行うSSC式脱毛や、毛根ではなく毛の生える司令を出すと言われる皮膚の「バルジ領域」に熱を当てることが出来るSHR式は、従来のメラニンに反応させる脱毛法より痛みが抑えられている脱毛法です。こうした施術をサロンで提供しているというケースも近年は増加しています。

VIOや髭は痛い!?光脱毛の痛みが部位によって異なる理由や痛みを感じやすい部位について

光脱毛で痛みを感じやすい部位/VIOや髭のように毛が太く濃い部位はメラニンの量が多くフラッシュが強く反応するため痛みを感じる人が多い

光脱毛のフラッシュはメラニン色素に反応します。そのためVIOやヒゲのようなメラニン色素が多く、黒々としていて毛が太い場合は、熱が集まりやすい傾向があるのです。結果、痛みが強く感じられることもしばしばあります。毛根内にメラニン色素が多いものや、毛そのものが太い・硬いというときにはこうした反応が起こりやすいのです。あまりにも強すぎる痛みで、耐えられないときには施術中でもスタッフに声をかけましょう。光の調整を行ってくれます。

光脱毛で痛みを感じやすい部位/VIO脱毛が痛みを感じやすい理由

VIOは皮膚が薄くデリケート、神経や血管が豊富などの理由で痛みを強く感じやすい

光脱毛の中でも、特に痛みを感じやすい部位のひとつにあげられるのが、VIOの部分です。毛根が太く、毛が硬めということもありますが、さらにVIOの部位には神経や血管といったデリケートな身体機関が集中しています。そのためどうしても痛みを感じやすくなっているのです。こうしたデリケートな部位を行う場合は、皮膚を冷やしたり麻酔を使用するケースも見られます。大切な身体の一部なので、あまりにも強い痛みの際にはスタッフに声をかけるようにしましょう。

VIOは自己処理や下着の擦れなどにより色素沈着がある人が多く、脱毛のフラッシュは黒いもの(色素沈着)に強く反応するため痛みを感じやすい

メラニンは自己処理によって黒ずんでしまった部位にも蓄積しやすい傾向があります。VIOの部位は自己処理のあとや下着のこすれのせいから色素沈着を起こしている人が多く、普通の肌の色よりも黒ずんでいるという場合が見られます。そのため、この部位に光を当てると沈着したメラニンに大きく反応してしまい、強い痛みを感じるということも珍しくありません。自己処理はなるべく避け、肌をこすらないということは衛生面においても脱毛においても、非常に大切なことなのです。

VIOの中でもIラインは粘膜の部分が多く特に皮膚が薄くデリケートなので痛みを感じやすい

VIOの中でも粘膜部分が露出している「Iライン」部位は、脱毛が難しい部位のひとつと言われています。脱毛の光は強いので、粘膜に当たった場合は痛みの他にも炎症や肌トラブルの可能性が高いのです。そのため、この部位に関しては専用サロンにおいても慎重に脱毛の処理が行われています。紙ショーツを用意してくれたり、バスタオルなどで照射する部位以外を丁寧に隠しながらフラッシュを当ててくれるサロンもあるので、自分の好みのサロンで施術を依頼すると良いでしょう。

羞恥心により痛みが強くなることもある/何度が施術をするうちに痛みが軽減することが多い

「ムダ毛を誰かに処理してもらうのが恥ずかしい」という気持ちが強い人は、羞恥心から脱毛施術を受ける際に緊張してしまい、必要以上に刺激が気になりやすくなります。そのため、脱毛器の痛みに敏感になりやすく痛みを強く感じがちです。ですが、これはあくまで緊張や恥ずかしさという気持ちから引き起こされる現象です。しばらく脱毛の施術を続けている内に気にならなくなりますので、それほど心配する必要はありません。施術を繰り返している内に慣れてきます。

光脱毛で痛みを感じやすい部位/顔脱毛(ヒゲ)が痛みを感じやすい理由

顔は皮膚が薄くデリケート、ヒゲ剃りなどで乾燥や肌トラブルがあるケースが多く痛みを強く感じやすい

ヒゲや産毛が気になりやすい顔の部分も、脱毛のリクエストが多い部位です。顔の皮膚は全体的に皮膚が薄く、痛みも感じやすい傾向があります。ヒゲソリや産毛を剃って肌が荒れたり炎症を起こしやすいのもそのためです。脱毛の施術においても若干痛みを感じやすい部位と言われており、男性のヒゲ脱毛や女性の顔脱毛の際には注意が必要となります。現在の脱毛器は冷却機能などがあり、痛みは抑えられるものですが強い場合はスタッフを呼びましょう。

光脱毛で痛みを感じやすい部位/ワキ脱毛が痛みを感じやすい理由 ※こちらに文章は入れません

ワキは自己処理を繰り返すことで色素沈着している人が多いためフラッシュの反応が強く痛みを感じやすい

ワキは自己処理ですます人が多い部位です。自分で毛抜きなどを使い、長い間ワキを自己処理していた人は皮膚がこすれてしまい、ワキの皮膚に色素沈着を起こしているケースも見られます。色素沈着などの肌の黒ずみは、光脱毛の際には強く刺激を受けてしまうという傾向がありますので、痛みを強く感じやすくなりがちです。加えて、自己処理は毛嚢炎や炎症を引き起こしやすく、毛抜きなどの脱毛はおすすめできませんから、脱毛施術で適切にムダ毛を処理しましょう。

ワキは汗による蒸れや毛穴の汚れなどで黒ずみが起きやすいためフラッシュの反応が強く痛みを感じやすい

ワキ部位は色素沈着を起こしやすい部位でもあります。と、いうのもワキという部分状、汗によって蒸れやすく毛穴が汚れやすいというデメリットがあるからです。肌もこすれるので色素沈着が発生しやすいのは仕方ない部分もあります。こういった色素沈着を起こした肌の場合、光脱毛のフラッシュが大きく反応を起こしてしまい、その結果痛みを感じやすくなることがあります。あまりにも痛い場合はスタッフを呼び、自己処理などは徹底的に控えるようにすることが大切です。

光脱毛とレーザー脱毛、ニードル脱毛、家庭用脱毛器などを痛みで比較/脱毛方法にうよる痛みの違いについて

ニードル脱毛の仕組みと痛みの理由について ※こちらに文章は入れません

ニードル脱毛の仕組みは?

電気の針を使い、その針を毛穴に挿入してダイレクトに毛根にダメージを与えるのが、ニードル脱毛と呼ばれる脱毛方法です。肌に流すのは電流もしくは高周波の電波で、先端は丸くなっています。そこから毛根や毛乳頭にダメージを与え、毛を生えなくするのです。現在の光脱毛が主流になる前はこのニードル脱毛が主流の脱毛方式で、アメリカで誕生したときには大きな支持がありました。現在では主に医療機関で施術されており、麻酔などが使用されることもあります。

ニードル脱毛が痛い理由は?

ニードル脱毛は、その名前の通り針を使用する脱毛法です。その針は直接毛穴に挿入して、毛乳頭という毛を生やす組織を破壊するものですから、やはり強い痛みが発生します。全ての脱毛を終える前にストップしたというケースもありますので、施術を受けるときには慎重に選択しましょう。確実に毛穴ひとつひとつに針を入れるので、皮膚の色を気にしなくて良いという部分や、どこの場所でも施術が出来るというメリットもあります。麻酔の施術なども検討が必要です。

医療レーザー脱毛の仕組みと痛みの理由について

医療レーザー脱毛の仕組みは?

医療レーザーは光脱毛と同じ仕組みでありながらも、医療機器を使用することでレーザーの出力レベルを高くすることが出来ます。肌のメラニン色素に目掛けてレーザーは放出され、高エネルギーで毛乳頭や毛母細胞という「毛の生える仕組み」そのものを破壊するのです。これを毛の生える周期に合わせて行い、次第にムダ毛を減らしていくのが医療レーザー脱毛の仕組みです。短期間で完了する傾向があり、美肌効果を得られるレーザーを選ぶことも出来ます。

医療レーザー脱毛が痛い理由は?

医療レーザー脱毛は医療機器ならではの強い照射パワーがメリットです。しかし、この強い脱毛パワーが傷みとなることもあります。そのため毛穴にダメージを受けてしまうことや、やけどのような炎症・ヒリヒリ感を感じたということも珍しくありません。医療機関ですから皮膚科の適切なケアを受けることが出来ますが、痛みが我慢できないという場合は、レーザーの出力を弱めてもらったり、調整する必要が出てくるでしょう。大きい痛みはすぐに相談すべきです。

家庭用IPL脱毛器の仕組みと痛みの原因について

家庭用IPL脱毛器の仕組みは?

家庭用脱毛器に使われている脱毛方式が「IPL方式」と呼ばれているものです。インテンス・パルス・ライトという言葉の略称がIPLとなっています。これは家庭でも使用出来るレベルの光を使用して、脱毛したい部位に当てることで毛穴のメラニンと光を反応させ、脱毛を行う仕組みとなっています。光の照射力は控えめですが、継続して家庭で行うことで次第に毛根からムダ毛が生えなくなるのです。冷却装置を備えたタイプも存在しており、女性から人気があります。

家庭用IPL脱毛器の痛みについて

家庭用IPL脱毛器は、誰でも使用出来るように光の照射力を抑えてあります。ですが、産毛や細い毛には効果が薄く、照射の際にはやはり痛みを感じるという場合も存在しています。あらかじめ冷却ジェルなどを塗った上で脱毛器を使用するよう推奨されているものもありますが、痛みは個人差があるためそれでも痛いと感じるケースがあります。痛みを感じたまま続けるのは好ましくありません。使用を中止し、他の方法で脱毛を行うべきでしょう。

光脱毛は照射パワーに上限があるため痛みが少ない脱毛方法

光脱毛を採用しているほとんどの脱毛器が、照射パワーを調整することが可能です。医師や看護師などの有資格者が操作する脱毛器が最も光パワーが強く、サロンなどで使用する脱毛器は光の力を抑えてあります。痛みが心配という人でも、テスト照射などで痛みを感じたり施術のときに気になったときにはパワーの調整をお願い出来ます。安全面から光の出力パワーには上限が設定されていますので、従来よりはぐっと脱毛の痛みが少なくなりました。

痛みが強い方が脱毛効果が高いの?/照射パワーが強い方が痛みが強く脱毛効果は高くなる

光脱毛の効果は、光がどのくらいの強さで放射されているかによって左右されます。強いパワーは大きな熱エネルギーを持って毛根を破壊することが出来ますので、効果を感じやすいものです。ですが同時に痛みも感じやすい傾向にあります。光脱毛を選ぶときには自分が続けられそうな光脱毛のパワーで照射を行ってくれる美容脱毛サロンを選択しましょう。あまりにも強い痛みは効果を得られても、炎症などを引き起こす場合があります。無理をしないことが大切です。

医療レーザー脱毛は光脱毛より少ない回数・期間で脱毛を完了することができる

医療レーザー脱毛は、医師や看護師といった有資格者が脱毛器を操作します。そのため光の出力も強められており、少ない回数と期間で脱毛が完了しやすいというメリットがあるのです。毛周期に合わせて脱毛施術を行うため、的確な施術を受けられるという特徴もあります。確実に効果を感じる脱毛をしたいのであれば、医療レーザー脱毛はおすすめです。痛みや肌のトラブルがあったときでも、医師が在籍しているクリニックであれば適切な処置を素早く受けることが可能となります。

医療レーザー脱毛は永久脱毛が可能だが光脱毛は減毛効果しかない

医療レーザー脱毛は、その強いレーザー効果で毛乳頭や毛母細胞といった組織を完全に破壊することが出来ます。そのため、医療レーザー脱毛を受けた場合はそれから先一生ムダ毛処理に悩むことはありません。毛穴の毛の生える仕組み自体を無くすからです。光脱毛の場合、得られる効果はあくまで減毛までに留まります。完全に毛根の機能を失うことがなければ、時間が経過すれば毛は再度生えてくるのです。自分の希望する脱毛をよく検討しましょう。

痛みに弱い人や減毛効果を希望する人は光脱脱毛がおすすめ

もちろん光脱毛にはメリットもあります。それは肌に強い負担がかからないという点です。医療レーザー脱毛ほど強い光の力が放出されることはありませんから、安心して脱毛を行うことが出来ます。未処理の状態よりは毛が薄くなりますし、毛そのものが生えにくくなるという効果は得られるので、肌が弱い人や敏感な人、痛みが非常に心配な人に光脱毛はおすすめの脱毛施術なのです。近年はさらに、冷却ジェルを使用したり毛根でなく「バルジ領域」に光を当てる方法もあります。

光脱毛の痛みを軽減する方法について

光脱毛の痛みを軽減する方法1・しっかりと保湿し乾燥を和らげる(乾燥により敏感肌になると肌のバリア機能が低下し痛みを感じやすい)

光脱毛の痛みを少しでも和らげるためには、保湿が大切な要素となります。スキンケアと同じように、保湿には肌の水分を保持することで肌表面のバリア機能を強くする効果があるのです。肌質が整っていればこのバリア効果も高いものとなり、痛みを感じにくくなります。反対に肌のバリア機能が低下している時は痛みを感じやすくなるので、注意が必要です。全身脱毛の際には、身体全体への保湿にも気をつけると良いでしょう。保湿ケアを実施しているサロンもあります。

光脱毛の痛みを軽減する方法2・紫外線対策を行う(日焼けによりメラニン量が増加すると痛みを感じやすくなる)

光脱毛は、肌のメラニン色素に光を反応させる脱毛方法です。つまり、肌のメラニンの量が多くなればそれと同じくらい光のパワーが作用することになります。日頃から紫外線対策を行い、シミなどを作らないようにキレイな肌を心がけることで、脱毛の際も強い痛みを感じることがなくなります。日焼けの場合は肌に含まれているメラニン色素が多くなってしまい、光脱毛のパワーが強まりがちです。日頃から紫外線からのボディケアを行うと良いでしょう。

光脱毛の痛みを軽減する方法3・正しく事前処理を行う(剃り残しがあると肌トラブルや痛みが生じやすい)

光脱毛を行う際には、ほとんどの美容脱毛サロンにおいて事前にムダ毛の処理をお願いされます。これはムダ毛そのものが生えている場合、その毛に含まれているメラニン色素の黒色に光が反応してしまうためです。こうなると、毛根に正しく光を照射するのが難しくなり、他の部位に光が当たってしまうこともあります。肌荒れや炎症のトラブルを防止するためにも、ムダ毛処理や剃り残しは光脱毛の際には注意が必要なのです。脱毛施術を受ける前日にはムダ毛を処理しましょう。

光脱毛の痛みを軽減する方法4・バジル領域をターゲットとするSHR式脱毛を選ぶ(IPLやSSC式脱毛はメラニンをターゲットとしている)

光脱毛の痛みが苦手という人のために、他の脱毛も用意されています。SHR方式という脱毛方式は、毛根に直接光を照射する脱毛とは異なり、「バルジ領域」という毛を生やす命令を出す部分に熱を与え、ムダ毛が生えるのを阻止する脱毛法です。毛根などをターゲットにしていませんから、痛みがかなり抑えられます。さらに冷却の作用なども組み合わせれば、ほとんど痛みを感じることなく脱毛施術を受けることが可能です。痛みに弱い人は、ぜひこの方法も検討しましょう。

光脱毛の痛みについてまとめ

光脱毛は毛穴に光を照射し、毛根にダメージを与えてムダ毛を生えなくする脱毛法です。そのため痛みが発生することがあります。痛みには個人差がありますが、一般的には光脱毛のフラッシュやレーザーの強さが大きいほど、肌への刺激が大きくなり痛みを感じる傾向があるのです。医療レーザー脱毛は、医療脱毛器を使用することで光のパワーを強く照射することが出来ます。そのため、毛根を無くしムダ毛を永久的に生えないようにすることが出来ます。しかし、痛みを感じやすい人の場合はおすすめ出来ません。強い痛みを我慢して施術を受けると、肌ダメージから炎症などを引き起こす可能性があります。肌への保湿を心がけ、紫外線のケアなどを行うことで痛みを抑えることは可能です。適切な脱毛方法を自分で選びましょう。

関連ページ:【全身脱毛おすすめ】人気の脱毛サロンを比較!全身脱毛サロンランキング