【医療脱毛は痛い!?】痛い部位や痛みの理由は?レーザー脱毛の痛み対策

【医療脱毛は痛い!?】痛い部位や痛みの理由は?レーザー脱毛の痛み対策

医療レーザー脱毛器の照射出力によって痛みや熱さを感じやすい

医療脱毛とエステ脱毛の大きな違いは、使用する機器の出力です。エステ脱毛で使われている機器よりも、医療脱毛で用いられる脱毛器の方が、照射出力が強く、痛みや熱さ感じやすいことがあります。医療脱毛では、レーザー脱毛器をはじめとした、出力の高い脱毛器が用いられています。レーザー脱毛は、皮膚にレーザーを照射して、毛を生成する毛根の周囲組織にダメージを与える脱毛方法です。レーザーの光は、皮膚のメラニン色素(毛の黒い部分)に反応して熱を発します。この熱によって、毛根周辺がダメージを受けることで脱毛が起こるのですが、一方で、この熱こそが痛みや熱さを感じる原因にもなります。産毛などにもしっかりと脱毛効果を出すために、部位によってはレーザーの照射出力が強く設定されている場合があります。照射出力が強いほど、痛みや熱さを感じやすくなることがあります。

皮膚が薄い部位は刺激を強く感じやすい

痛みを生じやすい箇所のひとつとして挙げられるのが、「皮膚が薄い部位」です。皮膚が薄い部位は、厚い部位に比べて敏感で、痛みを感じやすい傾向にあります。また、骨や関節に近いので、熱や衝撃がダイレクトに伝わりやすくなります。例として挙げられるのは、顔、指、膝下といった部位です。顔は、体中の皮膚の中でも特に薄く、目の周り、口の周りは痛みに敏感です。頬骨やあごの骨が近いことも影響しています。指も同様に皮膚が薄く、骨や関節が近いため、骨に響くような痛みを感じる場合があります。膝下は、すねや足首の皮膚が薄く、膝小僧も骨、関節が近いため、痛みを生じやすい箇所です。他にも、太ももの内側や腰骨に近い部分なども、同じ理由で痛みを感じることがあります。

髭やVIOなど毛が濃い部位はレーザーが強く反応するため痛みを強く感じやすい

痛みが強く出やすい箇所として挙げられるのが、「毛が濃い部位」です。特に、髭脱毛やVIO脱毛は、痛みを強く感じやすいといわれています。理由は、レーザー脱毛の仕組みにあります。毛が濃い部位は、当然メラニン色素も多く、照射したレーザーが反応しやすくなります。毛が「太い」「濃い」「密集している」部位ほど、レーザーが強く反応し、生じる刺激や熱が大きくなります。髭やVIOは、まさに「太い」「濃い」「密集している」毛に該当することが多いため、痛みを強く感じる部位といわれているのです。髭脱毛は、髭が濃い人ほど痛みが生じやすい傾向にあります。顎の骨が近く、皮膚が薄いことも影響しています。VIO脱毛は、特に粘膜に近いIラインで痛みを感じる人が多いです。また、皮膚の黒ずみにレーザーが反応して、痛みを感じる場合もあるようです。

肌の乾燥によりバリア機能が低下すると痛みに敏感になる

肌の状態により、痛みの感じやすさに違いが出ることがあります。特に乾燥は、肌にとって大敵です。乾燥によって水分が失われた肌は、バリア機能が低下しており、熱や刺激に弱い状態となっています。肌が乾燥した状態で施術を受けると、照射されたレーザーが強い刺激となり、痛みや熱さを感じやすくなる場合があります。それだけでなく、レーザーの刺激が誘因となり、赤みやかゆみ、炎症が起こったりと、後の肌トラブルにつながる可能性があります。特に空気が乾いている冬場や、入浴後、日焼け後といった、乾燥しやすい条件下では、注意が必要です。施術前だけではなく、日ごろから保湿ケアを怠らないようにして、肌の状態を整えておきましょう。

生理など体調不良により痛みに敏感になることがある

生理中や、風邪などで体調が思わしくない場合は、普段より痛みを感じやすくなることがあります。生理のときは、ホルモンバランスの乱れが起こりやすく、平常時よりも肌が敏感になりがちです。いつもより肌が荒れた状態になっていることもあります。敏感で荒れた肌は、レーザー照射の刺激に弱く、痛みを感じやすくなります。のちの肌トラブルにつながる場合もあるため、生理中の施術は避けたほうがよいでしょう。風邪などの体調不良に見舞われているときは、普段なら我慢ができる痛みも、我慢できないほどに感じる場合があります。ホルモンバランスが崩れ、免疫が弱っている状態では、少しの刺激も体にとって大きな負担となります。感染症予防の観点からも、来院するのは避けるべきです。しっかりと体調が整った状態で施術を受けましょう。

医療脱毛の痛みを軽減したい!痛み対策について

テスト照射で痛みの程度を確認しておく(痛みの少ない売クリニックを選ぶ)

クリニックによっては、契約前にお試しで、脱毛器のレーザー照射を受けられることがあります。希望があれば、テスト照射が可能なクリニックか確認したうえで、無料カウンセリングの予約の際に、テスト照射を受けたい旨を伝えましょう。照射を受けられる部位、回数もクリニックによって異なるため、事前に確認しておく必要があります。テスト照射の大きな目的の一つは、痛みの程度の確認です。照射した瞬間の痛みだけでなく、照射後しばらく時間がたった後の痛み、赤みの有無もしっかりと確認しましょう。数日たって肌に変化が起こることもあります。契約した後に、「やっぱり無理だ…」とならないために、テスト照射はぜひ活用してみてください。どうしても痛みに対して不安が強い場合は、痛みが少ないことを売りにしているクリニックも多くあるので、そちらも検討してみましょう。

麻酔クリームや笑気麻酔などを選択する

医療脱毛を行うクリニックのうち、そのほとんどで麻酔を使用することができます。痛みが強い場合や、痛みに不安がある場合は、麻酔を使うことも検討しましょう。種類は、皮膚に直接塗布する「麻酔クリーム」や、息と一緒に吸い込む「笑気麻酔」などがあります。使える麻酔の種類や料金は、クリニックによって異なるので、事前に確認しておきましょう。麻酔クリームは、塗った部位の神経を麻痺させて、痛みを和らげる効果があります。広範囲に塗布することは難しいため、部分ごとの使用に向いています。効果が出るまで20~30分程度かかるとされています。笑気麻酔は、吸引することで鎮痛、鎮静効果やリラックス効果があります。5分ほどで効き目が表れ、広範囲の痛みを和らげるため、全身脱毛をする際などに適しています。

冷却機能つきなど痛みが少ない脱毛器を導入しているクリニックを選ぶ

クリニックによって、導入している脱毛器は異なります。一種類のみのところもあれば、数種類導入しているところもあります。なかには、痛みが少ないことを売りにしている脱毛器もあるので、痛みに不安がある人は、どんな脱毛器が使われるか、事前に確認するとよいでしょう。例えば、冷却機能つきの脱毛器は、比較的痛みが少ないとされています。レーザーを皮膚に照射したときに起こる熱は、毛根の周囲に伝わり、熱さや痛みを引き起こします。冷却機能つき脱毛器は、レーザーの熱さが皮膚に伝わる前に、素早く肌を冷却するため、痛みを感じにくくなります。他にも、使用されるレーザーの種類や、「熱破壊式」か「蓄熱式」か、といった違いによって、痛みの感じやすさが変わってきます。クリニックがどんな脱毛器を導入しているのか確認し、希望があれば事前に伝えてみるとよいでしょう。

常に肌の保湿を心掛ける

どのような形であれ、脱毛という行為は肌に少なからずダメージを与えます。肌の状態を整えておくことで、そのダメージを最小限に抑えることができます。乾燥した肌に比べ、保湿された肌の方が、レーザー照射後の痛みを感じにくく、後の肌トラブルも起こりにくいとされています。しっかりと保湿され、潤っている肌は、その肌の持つ「バリア機能」がしっかりと保たれているからです。だからといって、施術直前だけあわてて保湿しても、あまり効果は望めません(むしろクリニックによっては、施術時に特定の保湿クリーム等の塗布を禁止している場合があるので、事前に確認しておきましょう)。日ごろから保湿ケアを怠らず、自分の肌状態を確認することを習慣化しましょう。顔には化粧水、乳液、クリーム、身体にはボディクリームなどを用いるとよいです。乾燥の気になる冬場は、特に入念なケアを心がけましょう。自己処理の後や、日焼けした後なども忘れず保湿して、肌のバリア機能を高めましょう。

生理など体調が悪い時の施術は避ける

健康状態が思わしくないタイミングでの施術は避けましょう。体調が悪化しかねないのはもちろんですが、普段より痛みを感じやすくなったり、我慢できないほどに感じたりすることがあります。風邪症状のある時は当然として、生理のときの施術も避けたほうがよいでしょう。生理中は、大きな不調を自覚していなくても、ホルモンバランスの乱れから肌が荒れやすくなっており、普段より痛みに敏感な状態です。この状態で刺激の強いレーザー照射を受けると、強い痛みを感じたり、痛みが長引いたりする心配があります。そもそも生理中は、ほとんどのクリニックでVIO脱毛を受けられず、またVIO周辺(ヒップや太ももなど)の施術も難しくなります。生理のタイミングを避けて予約するか、やむを得ず生理と重なってしまった場合は、予約をずらすことが望ましいです。

脱毛器の種類と痛みの強さについて

ダイオードレーザーは痛みを感じにくい

レーザー医療脱毛器の中でも、比較的痛みを感じにくいのが、ダイオードレーザーの脱毛器です。医療脱毛器のレーザーは、その波長の長さによって種類が分かれています。ダイオードレーザーは、中間程度の波長の長さ(アレキサンドライトレーザーより長く、YAGレーザーより短い)で、比較的深くまで根を張る毛根にもしっかりと届きます。それでいて、皮膚の深すぎる位置まではレーザーが届かないため、痛みを感じにくい、やけど等の肌トラブルが起こりにくい、といったメリットがあります。様々な肌質、毛質でも効果が期待できます。また、レーザーの照射範囲が広く、施術自体が比較的短時間で済むことも、痛みを感じにくい要因のひとつです。代表的な機種は、熱破壊式ダイオードレーザーの「ライトシェアデュエット」、蓄熱式ダイオードレーザーの「メディオスターNeXT PRO」等、様々な種類があります。

アレキサンドライトレーザーは痛みが少ない

アレキサンドライトレーザーは、ダイオードレーザー、YAGレーザーに比べて、波長の長さが短いのが特徴です。肌の表面にある太く濃い毛にしっかりと反応するため、剛毛への効果が期待できる一方、ダイオードレーザーに比べると、痛みを感じやすいとされています。そのためアレキサンドライトレーザーを用いる脱毛器は、そのほとんどに冷却機能が備わっています。皮膚をしっかりと冷却した上でレーザーを照射することにより、感じる熱さや痛みは軽減されます。アレキサンドライトレーザーを用いる代表的な機種は、「ジェントルレーズ」「ジェントルレーズプロ」等です。YAGレーザーも併せて搭載した、「ジェントルマックスプロ」「アポジーエリート」といった、いわゆる複合機もあります。

YAGレーザーは痛みを感じやすい

医療レーザー脱毛器の中でも、YAGレーザーを用いるものは、特に痛みを感じやすいとされています。理由は、その波長の長さにあります。YAGレーザーは、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーに比べて波長が長く、皮膚の奥深くに毛根を持つ、頑固で根強い毛にまでレーザーを当てることができます。そのぶん脱毛効果は期待できるのですが、やはり痛みは強く感じやすくなります。代表的な機種は「ジェントルYAG」です。冷却機能がついているため、ある程度の痛みは抑えることが可能です。細かな部分までレーザーを届けられるぶん、施術にはやや時間がかかります。痛みを感じるリスクを承知の上で、ほかの脱毛器では効果が得にくかった毛にも脱毛を促したい、という場合は、このYAGレーザーが選択肢に入ってくるでしょう。

医療レーザー脱毛で痛みを感じやすい部位はどこ?

VIO脱毛は痛みを感じやすい理由

特に痛みを感じやすい部位として挙げられるのが、VIO脱毛です。理由は、VIOラインには太く、濃い毛が集まっているためです。医療脱毛のレーザーは、毛の黒いメラニン色素に反応して、熱や刺激を起こします。ほかの部位に比べて、毛の「黒い色」が多いVIOラインは、レーザーがより強く反応するために、痛みを感じやすくなります。また、皮膚の黒ずみや肌トラブルが起こりやすい部位であることも関係しています。下着などがこすれて皮膚の黒ずみがあると、レーザーがその部分にも反応してしまうため、痛みを感じることがあります。加えてVIOラインの皮膚は薄く、粘膜に近いため、刺激に敏感です。乾燥していたり、過剰な自己処理や生理前後で荒れてしまっていたりすると、痛みを感じやすくなることがあります。

脇脱毛は痛みを感じやすい理由

個人差はありますが、脇脱毛は痛みを感じる人が多いとされています。理由は、手足に比べて太い毛が密集していて、レーザーが強く反応しやすいことや、皮膚が薄くて刺激に敏感なことが挙げられます。そしてもう一つ、自己処理を頻繁に施しがちな脇は、肌トラブルが起こりやすい場所でもあります。薄着になった夏場にわき毛が気になり、何度も自己処理をした経験のある人も多いでしょう。皮膚の薄い脇に、シェーバーやカミソリの刃などが繰り返し触れることで、傷ついて荒れたり、黒ずみが出やすくなったりします。そのような状態の脇は、レーザーの刺激が強く伝わったり、黒ずみにレーザーが強く反応したりして、熱さや痛みを感じやすくなることがあります。

顔脱毛(髭)は痛みを感じやすい理由

比較的薄い毛や産毛が多く、あまり痛みを感じることがなさそうな顔脱毛ですが、実は皮膚が薄く、骨が近い部位であるため、痛みを訴える人も少なくありません。口の周り、鼻の下などは特に皮膚が薄い、頬やあごは骨が近い、といった理由で、痛みを感じやすい部位です。髭の脱毛となると、太く濃い毛が密集しているため、さらに痛みが増す傾向にあります。脱毛器のレーザーが、毛の黒色が濃い部分に強く反応するためです。ですので、もともと髭が濃い人や、施術回数が少なく、まだ太い毛が多い人は、強い痛みを感じやすいようです。あごや鼻の下は、女性でも濃い毛が生えている場合があります。範囲は狭く、照射時間もそれほど長くはありませんが、痛いと感じる人は少なからずいるようです。

医療レーザー脱毛の施術回数と痛みについて

1回目の施術が最も痛いと感じる人が多い

医療レーザー脱毛は、「1回目の施術が最も痛い」と感じ、回数を重ねていくと、「初回ほど痛くはなかった」と感じるケースが多いようです。理由は、まだ一度も脱毛を受けていない毛は、太く濃いものが多く、本数もたくさんあり、密集してはえているためです。医療脱毛器のレーザーは、毛の黒い色(メラニン色素)に反応し、熱を発することで、毛根の毛を生やす組織を破壊します。これが脱毛の起こるメカニズムです。濃く太い毛は、レーザーがしっかりと反応する一方で、強い反応が起こるため、周辺の皮膚が痛みや熱さを感じる要因となります。1回目の施術前は、事前のシェービングを特に丁寧に行いましょう。シェービングをおろそかにすると、痛みややけどの原因になりかねません。また、肌が荒れていると痛みを感じやすくなるため、保湿などをしっかりして、肌状態を整えておきましょう。

施術回数を重ねると痛みが軽減する理由

3回、4回と施術回数を重ねることで、初回のころと比べて痛みが軽く感じる場合があります。施術の痛みに慣れる、というのも少しありますが、大きな理由は別にあります。それは、脱毛の効果で毛が薄くなっていくためです。医療脱毛のレーザーは、「濃い」「太い」「密集した」毛ほど強く反応し、刺激や熱を引き起こします。しかし、脱毛を繰り返すことで、濃い毛は薄く、太い毛は細くなり、本数も徐々にまばらになっていきます。そのため、脱毛開始当初の毛が濃かったころに比べて、回数を重ねたころの方が、痛みが少ないと感じるようです。初回の痛みが強く、次回以降の脱毛が不安になってしまった人も、今後は徐々に痛みが軽減していく可能性があるため、怖がりすぎずに施術を続けてみることをお勧めします。

医療脱毛の痛み対策/麻酔で痛み軽減はできる?

麻酔を使用する人の割合は約50%

医療脱毛において、麻酔を使用したことがある人の割合は、約50%です。半分くらいの人は、麻酔が無くても我慢できる痛みである、ととらえているようです。一方で、残りの半数の人は麻酔を使って、痛みを和らげた上で施術に臨んでいます。これを多いと感じるか、少ないと感じるかは人それぞれです。ただ、この数字から言えることは、医療脱毛は決して、どうしても耐えられないほどの痛み、というわけではないこと。そして、麻酔を受けることをなんとなく怖がったり遠慮したりして、無理に痛みをこらえすぎる必要もない、ということです。利用するクリニックは麻酔を使えるか、料金はどの程度か、といった情報を事前に確認しておいて、希望があれば遠慮なく伝えるとよいでしょう。

麻酔を利用しても痛みが辛い人の割合は約10%

麻酔を利用すれば、全く痛みが無く、快適に施術を受けられるのでしょうか?答えは、残念ながらそうではありません。痛みが少ないことをうりにしたクリニック、脱毛器は多くありますが、一方で「痛みがゼロ」と断言しているものはありません。医療レーザー脱毛というその仕組み上、痛みを完全になくすことは難しいのです。麻酔を使って、痛みをできる限り感じにくくすることはできても、完全な無痛施術を保証するものではないことは、念頭に置いた方がよいでしょう。とはいえ、麻酔をしても痛みが辛い、感じた経験のある人は、全体の10%程度です。多くの医療脱毛経験者のうち1割程度と考えると、そこまで多い数字ではないと言えるでしょう。痛みに不安を感じる場合は、遠慮せずに施術時に伝えてみてください。出力を弱める、次の照射までの間を空ける等、痛みを感じにくいように配慮してくれるでしょう。

医療脱毛の痛みに関する口コミ・VIOは麻酔を利用しても痛かった!

もともと痛みに弱い自覚があったことと、それに加えてVIO脱毛経験者の友達から、「めちゃくちゃ痛かった。痛がりのあんただったら泣くと思う」等と散々脅されていたこともあって、初回の施術前は看護師さんへ、「麻酔って使えますか…?」と泣きそうな顔で伝えました。看護師さんはとてもやさしく、こちらの様子を見ながら手を止めたり、細かく出力を調整してくれているようでした。麻酔は、塗ったところがしばらくすると、じんわりしびれてくるようで、歯医者さんの麻酔とそっくりでした。Vラインはほとんど痛みが無く、「あれ?これならいけるかも!」と思いましたが、Iラインの、特に上の方へ行くと、だんだん痛みが強くなりました。我慢できないほどではないですが、よく言う、輪ゴムではじかれるような痛みです。看護師さんがレーザーを当てる瞬間に「1、2の3」と掛け声をかけてくれたので、身構えることができて、なんとか耐えられました。

医療脱毛の痛みに関する口コミ・VIOは3回目以降は痛みが少なくなった

VIO脱毛についてあまり深く調べず、看護師さんに「はじめのうちは痛いと思いますよ」と言われても話半分に聞いていたのですが、初回で想像以上の痛みに驚いてしまいました。なんとか2回終えたものの、あの痛みが何度も続くと、ちょっとなぁ…とくじけそうになる私。3回目の施術では、「今回も痛みが強かったら、我慢せず麻酔をお願いしよう」と決めていました。ところが施術が始まると、あれ?あんまり痛くない?と、構えていた分拍子抜け。「前よりも出力下げてますか?」と思わず看護師さんに聞いてしまいました。看護師さんに「いえ、むしろ上がってますよ」と言われてびっくり。確かに、剛毛だったVIOの毛は、2回の施術で目に見えて細く薄くなっていたので、それが原因かなと思います。

医療脱毛の痛みに関する口コミ・麻酔は利用しなくても我慢できた

もともと剛毛でしたが、痛いと絶対に続かない!と思い、悩んだ結果、口コミで痛みが少ないといわれていたエステ脱毛へ通うことに。しかしコースの回数を終えても、VIOなどの濃い毛や、背中、うなじなどの毛がまだまばらに生えている状態。こうなったら全部つるつるにしたい!と、意を決して医療脱毛へ。どれくらい痛いのだろう、と前日はどきどきして寝付けなかったが、いざ受けてみると、「あれ?思ってたほどじゃない!」といい意味で予想を裏切られた。確かに、VIOや、おでこの眉に近い部分は濃い毛が多く、痛みもあったが、ぱちん、ぱちんと輪ゴムではじかれるような感覚で、耐えられないほどではない。我慢できなかったら麻酔を使いたい、と事前に伝えていたが、結局使わずに、あっという間に終わった。

医療脱毛の痛みに関する口コミ・生理中のワキ脱毛は痛みが強く感じた

ワキの脱毛で通っています。施術の日がちょうど、生理のタイミングと重なってしまいました。といっても、ほぼ終わりかけで、体調も普段と全然変わらなかったので、別に大丈夫かと思い、予約を変更せずにそのまま脱毛を受けたのですが、なぜかいつもより痛く感じて、思わず「いたっ!」て言っちゃいました。痛いのはそんなに苦手ではないし、脇の脱毛は今まで痛いと感じたことはなかったので、びっくりしました。看護師さんも心配してくれて、少し出力を弱めてくれましたが、後から調べたら生理前後は肌が敏感になっていて、痛みを感じやすくなることがあるそうです。回数に限りがある脱毛のうち1回を、弱めの出力で受けてしまったのが、なんだかもったいなく感じて、これから気を付けようと思いました…。

医療脱毛の痛みに関する口コミ・冷却付きの脱毛器で痛みは少なかった

医療脱毛は痛い、という口コミをよく見るのですが、私はそこまで痛みを感じませんでした。機械との相性が良かったのかな?私が脱毛を受けたのは、冷却機能付きの脱毛器で、レーザーを当てるときに、バシュ!って感じで冷たい空気が噴き出して、肌を冷ましてくれるものでした。おかげで、痛いというより、一瞬熱い?と感じることとはありましたが、ほとんど苦痛なく施術を受けられました。施術後しばらくは、じんじん熱をもったような感覚があったり、2~3日するとかゆくなったりはありましたが、我慢できないほど痛い!ということはなかったです。痛みが少ないと効果も薄いのでは?と少し不安になりましたが、ちゃんと効果があってよかったです。

医療脱毛の痛みにについてまとめ