【医療脱毛の機械】レーザー脱毛器の種類の違いを比較/特徴や期待できる効果

【医療脱毛の機械】レーザー脱毛器の種類の違いを比較/特徴や期待できる効果

医療脱毛の機械の種類/それぞれの特徴について

医療脱毛の機械の種類1・蓄熱式レーザー脱毛機の特徴

蓄熱式レーザー脱毛器のメリット1・皮膚の浅い部分のバジル領域を破壊するから痛みが少ない

今までのレーザー脱毛器は、毛根を完全に破壊するステップを取っているために、強い痛みが伴ったり、施術を受けた後に赤く晴れてしまうようなことがありました。
その痛みは、パチっ弾かれたような感覚で我慢することが強いられ、大変苦痛を伴うものです。

しかし、蓄熱式レーザー脱毛器は、体毛の毛根より浅い場所にあるバジル領域を破壊することで脱毛処置をするので、痛みが少ないというメリットがあります。
そのために施術を受けていても、痛みを心配することがほとんどないのです。

蓄熱式レーザー脱毛器のメリット2・皮膚の浅い部分のバジル領域を破壊するから肌へのダメージが少ない/肌トラブルのリスクが低い

従来のレーザーでの脱毛処置では肌に対する負荷が大きくなるリスクもありました。
それは短い波長のレーザーが肌に照射されるので、体毛が焦げたり皮膚が赤くなってしまい浮腫になってしまう事が起きてしまい、肌のトラブルで悩む人も少なくありませんでした。

しかし、蓄熱式レーザー脱毛器は、レーザー波長や出力時間が長く設定されており、照射対象が皮膚の浅いバジル領域となっているので、肌の負荷が小さく赤く腫れるようなトラブルが少ないのです。

蓄熱式レーザー脱毛器のデメリット1・完全に痛みを取ることはできない/ゴムで弾かれるような痛みがある

肌への負荷が小さい蓄熱式レーザー脱毛器でも、全く肌への刺激が全くないということがありません。
レーザー照射による脱毛処置のために肌に熱を加えている仕組みは、他のレーザー脱毛と同じです。
そのために、体毛の濃い箇所や比較的に多く集まっているエリアにおいては、熱による刺激が強くなるので、他のレーザーよりが小さいものの、完全に痛みを無くすことはできません。
ゴムで弾かれたような痛みが伴ってしまうことはあります。
但し、その痛みは個人差があるので、大きな痛みになったり、あまり気にしない人もいることも事実です。

蓄熱式レーザー脱毛器のデメリット2・じんわりと熱を蓄熱させる方法のため即効性を感じられない

蓄熱式レーザー脱毛器は、ジワリジワリと熱を蓄熱させて施術をする方式のために肌への負荷が少なく、大きな痛みが伴うこともそんなにありません。
しかも、従来のレーザー脱毛のように網周期に関係なくバルジ領域を破壊するので、2、3週間の間隔で脱毛処理を受けることができます。

しかし、優しいレーザー照射のために、即効性があまり感じられないという欠点もあります。
そのために完全脱毛を期待している人は、「本当に大丈夫なの?」と不安に思ってしまうものです。

蓄熱式レーザー脱毛器のデメリット3・蓄熱式レーザー脱毛器は新しく開発されたため実績やエビデンスが不足している

医療レーザー脱毛器による処理は永久脱毛の効果が高いという認識があります。
従来のレーザー脱毛処置では、それなりの痛みが伴い肌トラブルを気にしながらも、かなり高い効果を得ることができたのですが、蓄熱式レーザーの場合は、痛みが少なく肌が腫れるリスクが低いものの、レーザー脱毛の歴史の中では、まだ開発されたばかりの新しい機械でもあります。

そのために脱毛効果を示す実績やデータ、エビデンスなどが他の脱毛方法と比べて大変少ない点もデメリットして挙げられるのです。

蓄熱式レーザー脱毛器のデメリット4・硬毛化を起こすリスクが高い

肌への負荷が小さく、スキントラブルが低いことがメリットではあるものの、脱毛処理後に体毛が太くなり、処置前の体毛より硬くなってしまう可能性もあります。

硬毛化の根本的な原因や発生の仕組みがかはっきりと解明されているわけではないのですが、蓄熱式レーザーもやはりレーザー照射による脱毛方法であることは間違いありません。
そのために、やなり可能性が低いものの、熱が十分に対象箇所に届かずに、体毛細胞が熱の刺激を受けて活性化してしまうことがあります。

その結果、硬毛化が起きてしまう可能性も否定できないのです。

医療脱毛の機械の種類2・熱破壊式レーザー脱毛器の特徴

熱破壊式レーザー脱毛器のメリット1・毛包全体を破壊する高出力で高い脱毛効果が得られる

熱破壊式レーザー脱毛器は、レーザー波長は805nm~1064nmレベルのレーザーが肌に照射されるので、メラニン色素をその熱エネルギーが吸収されます。その結果、バルジ領域の幹細胞だけでなく、毛乳頭まで刺激されて、高い脱毛効果を得ることができます。

体毛のメラニン色素への吸収される効果も高く美肌効果の期待をあります。
出力が高い分だけ、脱毛処置の即効性を感じることができるのです。
毛乳頭や幹細胞など、体毛を成長させる原因を直接破壊するために、体毛が再び映えてくることが少なくなります。

熱破壊式レーザー脱毛器のメリット2・1回の照射で成長期の毛が抜け落ちる即効性がある

熱破壊式レーザー脱毛器のメリットとしては、出力が強く、バルジ領域の幹細胞や毛乳頭まにレーザーが照射されます。
そのために、かなり太い第毛や産毛まで脱毛することができます。
パワーが高い分だけ、その刺激度合いも大きく、1回の照射で成長期の毛がかなり取り除く頃が可能です。
その結果、驚くほどにムダ毛が抜け落ちて即効性が感じられるのです。
蓄熱式のレーザー脱毛と比べてみると、いつの間にか体毛が抜け落ちていたという感じ方でななく、見る見るうちに抜けているので、その効果は絶大と思うことになります。

熱破壊式レーザー脱毛器のデメリット1・高出力で毛包全体を破壊するため熱さや痛みを感じやすい

熱破壊式レーザー脱毛器は高い出力のレーザー照射で脱毛処置をする方法のために、即効性が高い一方で、毛包そのものを破壊しますので、とても強い痛みを感じることがあります。

しかも、レーザーが皮膚の奥まで浸透していくために、その熱さに我慢しなくてはならないケースもあります。
特に脇の下やデリケートゾーン(VIO)などが、感覚が敏感なために、その痛みがかなり強くなる可能性があります。
これが熱破壊式レーザー脱毛器特有のデメリットの1つになります。

熱破壊式レーザー脱毛器のデメリット2・蓄熱式に比べて皮膚の深い部分までレーザーが到達するため肌へのダメージが大きい

2つ目のデメリットとしては、肌へのダメージが大きくなる可能性があることが挙げられます。
蓄熱式レーザー脱毛と比べて、皮膚の奥までレーザーが届く方式のために、高い脱毛効果が得られる反面、肌への刺激が大きくなることも事実です。

曽於結果、永久脱毛処理をした後に肌荒れになってしまうことがあるのです。
具体的には、赤く腫れてしまうことになるのですが、程度がひどい場合は、火傷を負ってしまうというケースもごくまれではありますが、そのような事例があります。

基本的に医療クリニックでの処置なので、そのリスクが限りなく低いものの、これらのデメリットがあることも認識しておかなければなりません。

医療脱毛の機械の種類/アレキサンドライトレーザー・ダイオードレーザー・ヤグレーザーの特徴と違いを比較

アレキサンドライトレーザーの特徴について

アレキサンドライトレーザーのメリット1・メラニンへの反応が強く太い毛や濃い毛に効果的

アレキサンドライトレーザーは、非常にパルスの長いレーザー脱毛器です。
そのためにメラニンでの吸収率が高く、黒い色に限定して反応してくれる効果があります。
その結果、強く太い体毛や濃いムダ毛に反応して、高い脱毛効果があるのです。
その分だけ、脇やデリケートゾーンなどの太く濃い体毛の脱毛には向いているマシンです。
しかも、1度のレーザー照射で、10日ほど経過すると体毛が抜け落ちてくるので、その効果が手に取るほどに分かります。

アレキサンドライトレーザーのメリット2・メラニンへの反応が強いためシミやそばかすなどにも効果的/美肌効果が期待できる

アレキサンドライトレーザーのメリットは、高い脱毛効果だけではありません。
美肌効果にも期待ができるという点もメリットの1つになります。

アレキサンドライトレーザーのレーザーは、メラニンに吸収されやすいために、毛穴をキュっと引き締めたり、黒ずみやくすみを分解してくれる効果もあります。
その分だけ美肌効果が期待でき、コラーゲンの分泌まで促してくれるのて、脱毛と併せて、自然とスキンケアができるわけです。
まさに一石二鳥と言ったところです。

アレキサンドライトレーザーのメリット3・冷却システムにより痛みを軽減することができる

アレキサンドライトレーザーは高い脱毛効果と美肌効果が高いことが、大きなメリットですが、それはレーザー出力が高いためです。

しかし、それだけパワーが大きくなると、レーザー脱毛特有の強い痛みが発生することが懸念されるのですが、アレキサンドライトレーザーはその点の心配は無用です。

それは、冷却システムが確立されているためで、アレキサンドライトレーザーでは、レ-ザー処置をしていると同時に、冷却ガスを皮膚の表面に吹き付けて、脱毛処置を進めていきます。
そのおかげで強い痛みを感じることがありません。

アレキサンドライトレーザーのメリット4・冷却システムにより赤みや腫れなど肌トラブルのリスクが少ない

しかも、肌荒れや赤み、腫れなどのスキントラブルを可能な限り低くすることができます。
通常、レーザーの出力が高い分だけ、肌への負荷は大きくなるものです。

そのために痛みが大きくなってしまうと同時に、肌が赤く腫れたり、軽い火傷につながってしまう可能性もあるのですが、アレキサンドライトレーザーは冷却ガスを使ったシステムを搭載しているので、痛みを軽減できると同時に肌のトラブルを最小限に抑える効果もあるのです。

高い脱毛効果でありがちな肌トラブルさえ、回避させることがができるのです。

アレキサンドライトレーザーのデメリット1・メラニンが多い濃い毛、太い毛に強く反応するため痛みを強く感じることがある

アレキサンドライトレーザーは、出力の高いレーザー脱毛器です。
その分だけ大変高い効果を発揮してくれるのですが、特にメラニンへの吸収律が高いために、太い体毛や濃い黒々とした毛に反応しやすくなっています。

しかし、そのために、濃い毛や太い毛に強く反応することになり、痛みを強く感じる場合もあります。
確かに冷却システムによって、レーダー脱毛特有の痛みが軽減されているのですが、人によっては、その痛みが大きく感じる場合も否定できません。
やはり、痛みに対する耐性は個人差があるので、メラニンに反応した体毛の除去が痛くなると感じる人もでてきても、不思議ではありません。

アレキサンドライトレーザーのデメリット2・メラニンに反応する特性があるためメラニンが少ない産毛や細い毛には効果が期待できない

アレキサンドライトレーザーは、確かに即効性の高いレーザー脱毛器ではあるのですが、特に濃い体毛や太い体毛を取り除くことができるという点では、本当に効果的なレーザー脱毛器という印象を覚えます。

しかし、これはメラニンに反応しやすいという特徴がクローズアップされた結果であり、逆に色素の薄い箇所での脱毛効果が低いということも言えます。

具体的には、メラニンが少ない産毛や細い毛には、あまり効果が期待できないということなのです。
言い換えれば、メリットであったメラニンへの反応の良さが、デメリットになっていることになります。

アレキサンドライトレーザーのデメリット3・メラニンに強く反応するためシミや痣、ほくろなどがある部分には使用できない

また、シミや痣、ほくろがある部分にはアレキサンドライトレーザーが使えないという点もデメリットに挙げられます。
このレーザー脱毛器はメラニンに反応して、黒く太い体毛・濃い体毛を取り除く点では高い効果を示してくれます。
しかし、黒い部分とは必ずしも、体毛だけではありません。
シミやほくろもその対象になってしまいます。
このことから、本来、アレキサンドライトレーザー脱毛器のメリットだったはずのメラニンへの吸収率の高さが、弱点になるのです。

その結果、シミやほくろのある部分へのレーザー照射は避ける必要が出てくるのです。

アレキサンドライトレーザーのデメリット4・メラニンに強く反応するため日焼け肌や色黒肌には使用できない

アレキサンドライトレーザーのメリットが、逆にデメリットに作用してしまうということは、シミ・ほくろの部分へのレーザー照射ができないという点だけではありません。

シミやほくろへのレーザー照射回避と同じように、日焼けした肌や元々、色黒の肌質の人に対しても、アレキサンドライトレーザーを使用することができないということが挙げられます。
これも、やはり黒い箇所にレーザー照射をすることができないからです。
メラニンに反応しやすいことで、頑固な濃いムダ毛や太い体毛を抜くことができ反面、日焼けや黒い肌の人への処置ができないということも、大きな欠点なのです。

ダイオードレーザーの特徴について

ダイオードレーザーの種類/ショット式(ライトシェアデュエットなど)はどんな脱毛器?

レーザー脱毛器の種類には、ダイオードレーザーもあります。
これは冷却システムを搭載した魔人で、直接肌に照射して施術するために皮膚に大きな負担をかけることを極力抑えて、脱毛効果を高くすることができます。
その中でライトシェアデュエットなどのショット式ダイオードレーザーは、熱破壊式ダイオードレーザー脱毛器として、メラニンに反応して毛根を壊す脱毛器です。
今までの脱毛器とは異なり、肌を吸引させて照射する方式を取っているために、効果的なレーザーを照射できるのです。

 

 

関連記事:【ライトシェアデュエットの効果】レーザー脱毛ライトシェアデュエットはVIOや産毛に効果ある?

関連記事ではダイオードレーザー搭載のライトシェアデュエットの脱毛効果や特徴について詳しく紹介しています。

 

 

ダイオードレーザーの種類/蓄熱式(メディオスターNext PROなど)はどんな脱毛器?

また、ダイオードレーザーには、蓄熱式の機器もあります。
蓄熱式のダイオードレーザーとしては、「メディオスターNext PRO」など画挙げられますが、従来の熱破壊レーザー脱毛器ではありません。

毛根の細胞のバルジ領域を破壊するタイプの蓄熱式レーザー脱毛器で、肌全体をジワリジワリと温めていき、そのバルジ領域を破壊していきます。
その結果、痛みが少なく肌への負荷も少なくて済みます。
そのために、脱毛処理で肌の痛みを苦手とする人に向いている脱毛と言えます。

 

関連記事;【メディオスターNext PROの効果】ヒゲやVIOに効果ある?回数・期間・痛みについて

関連記事ではダイオードレーザー搭載のメディオスターNext proの脱毛効果や痛みなどのついて詳しく紹介しています。またメディオスターNext Proを導入しているクリニックを厳選して紹介しています。

 

 

ダイオードレーザーの種類/蓄熱式(ソプラノなど)はどんな脱毛器?

 

蓄熱式のダイオードレーザー脱毛器の中には「ソプラノ」というものもあります。
ソプラノは、出力が比較的に弱いレーザー照射ができるレーザー脱毛機です。
銃らのレーザー脱毛器のようにメラニンに作用させる仕組みではなく、毛包を対象にした脱毛器です。
そのために、レーザー特有の痛みや皮膚へ負荷を大幅に少なくすることができているのです。
しかも、照射範囲が広く取れるので、処置時間も短かくすることができますので、忙しいア方で施術の時間があまり取れない人に向いています。

 

 

 

関連記事:【ソプラノ脱毛の効果】ソプラノアイスプラチナム・ソプラノチタニウムの効果や痛み

関連記事ではソプラノアイスプラチナム・ソプラノチタニウムの脱毛効果や痛みについて詳しく紹介しています。

 

 

 

ショット式ダイオードレーザーのメリット・毛根を破壊する高出力で即効性が高い

 

ショット式ダイオードレーザーは、メラニンに対して作用されるメカニズムではなく、直接毛根を破壊する仕組みを取っています。
しかも、高い出力のレーザー照射なので、非常に高い脱毛効果を期待することができます。
1回当たりのレーザー照射できる面積も広いだけでなくムラなく脱毛処置が可能です。

しかも、照射スピードも速いおかげで、施術も短く、限られた時間で済ませられることから、その脱毛効果の即効性はさらに高く感じ取ることができます。

ダイオードレーザーのメリット1・メラニンへの反応が弱いためメラニン量が少ない産毛や白髪にも効果的

ダイオードレーザーのメリットに産毛や白髪にも効果が発揮できるという点もあります。
メラニンに反応して脱毛する方式では、黒い部分への作用で脱毛できるので、濃い毛や太い毛に反応していましたが、産毛や白髪では効果が全くありませんでした。
しかし、ダイオードレーザーは、メラニンへの反応される方式ではないので、産毛や白髪、あるい金髪などの人でも全く関係なく、脱毛することができるのです。
言い換えれば、どのような肌質でも、脱毛処理をすることができるわけです。

ダイオードレーザーのメリット2・メラニンへの反応が弱いためシミやほくろ、痣などがある部分にも使用できる

ダイオードレーザーのメリットには。シミやほくろ、または痣などがある部分でも使うことができるという点も挙げられます。
メラニンに反応する方式は、黒い部分に反応しやすいということになり、これは黒くなっているシミやほくろ、痣でも反応してしまうということを意味しています。

そのためにシミやほくろの部分の脱毛処理をすることができなかったのですが、ダイオードレーザーはメラニンに反応しないおかえげで、シミを持った人でも、脱毛処置を受けることができまるのです。

ダイオードレーザーのメリット3・メラニンへの反応が弱いため色黒肌や日焼け肌にも使用できる

また、メラニンへの反応が弱い方式のためにダイオードレーザーは、肌が黒い人や日焼けした人にも使用することができると言えます。

メラニンに反応するレーザー脱毛であれば、黒々として太く目立っているムダ毛を取り除くことには、高い効果を示すことができますが、日焼けや色黒肌の人が施術を受けることができませんでした。
その点、ダイオードレーザーは気にすることなく施術を受けることができるのです。
薄い産毛やシミ、ほくろと同じような原理です。

ダイオードレーザーのデメリット・どのような毛質、肌質にも使用できるが即効性が低く脱毛効果を実感するまで時間がかかる

他にもダイオードレーザーのデメリットとして、即効性が低く脱毛効果を実感するまで、時間がかかってしまう点があります。
この方式は、第毛の網周期のタイミングで毛が抜けて、次の毛が生えにくくなることで脱毛に繋がるという仕組みを取っています。
そのために他のレーザー脱毛記器では、施術してから1週間後に毛が抜けていくので、即効性が感じられますが、ダイオードレーザーは2週間程度の時間がかかります。
その結果、脱毛効果を得るまでに遅く感じてしまうのです。

ヤグレーザーの特徴について

ヤグレーザーのメリット1・波長が長いため毛穴の深くに根付いた太い毛にも効果を発揮する

ヤグレーザーは、他のレーザー脱毛器と比べてレーザー波長が長い点が特徴です。
そのためにヤグレーザーを使用すると、レーザーが肌の奥深くにまで浸透していき、毛根の部分に反応して脱毛することができるのです。
そのたねに毛穴の深部でしっかりと根付いている体毛でも、すっきりと取り除くことができるわけです。
しかも、これまで太い体毛やムダ毛をきれいに取り除けなかった人でも、ヤグレーザーで見事に処置することができるのです。

ヤグレーザーのメリット2・波長が長いためメラニンに反応が弱く日焼け肌や色黒肌にも使用できる

また、ヤグレーザーのレーザーの波長が長いという特性は、太く根付いたムダ毛を取り除くだけではありません。
太い毛を脱毛するというと、黒い部分のメラニンに影響を及ぼす印象があるのですが、このヤグレーザーはメラニンへの反応がそんなに大きいわけではありませんので、日焼けした人や、肌が黒い人でも、施術を受けることができるのです。

メラニンに反応させる方式も濃い毛や太い毛の脱毛には効果的ですが、用途が限定されているだけに、ヤグレーザーの方がメリットが大きいのです。

ヤグレーザーのメリット3・波長が長いためメラニンに反応が弱くシミやほくろ、痣などの部分にも使用できる

次のヤグレーザーのメリットとしては、シミやほくろ、痣があるために、脱毛処理ができなかった人でも、そのことを気にすることなく施術を受けることができるという点があります。
これも日焼けや色黒体質の人のように黒い部分であるメラニンに反応する特性と同じことがが言えます。
シミやほくろも肌黒と同じようにメラニンの関係で、脱毛処置が受けられないのですが。ヤグレーザーではその影響を心配する必要がありません。

シミがあっても、ほくろのある部分でもレーザーによる脱毛処理が可能なのです。

ヤグレーザーのメリット4・産毛や細い毛にも効果的だから硬毛化のリスクがほとんどない

ヤグレーザーは、前項出も上げたようにレーザー波長が長いために、メラニンへの作用が大きくありません。
その結果、黒い部分であるシミ、ほくろ、あるいは肌黒や日焼けの状態でも問題なくレーザー照射で脱毛することができます。
この特性は、どんな体毛でも脱毛対象となることを意味しており、産毛や細い毛でもしっかりと取り除くことができるのです。
しかも、硬毛化してしまう可能性もほとんどない点も大きな特徴と言えます。
非常に用途が広い脱毛器です。

ヤグレーザーのデメリット1・波長が長く肌の奥まで到達するため痛みや熱さを強く感じることがある

しかし、ヤグレーザーにもメリットばかりがあるわけではありません。
メリットであるはずのレーザー波長の長さが逆にデメリットになってしまうケースもあります。
レーザー波長が長いためん、肌や毛穴の奥深くまで浸透していきます。
その結果、それなりの痛みを感じてしまったり、強い熱さを感じてしまう可能性もあるのです。
痛感に個人差はあるものの、これはヤグレーザーのデメリットの1つになります。
メリットがそのままデメリットになる典型的なケースかもしれません。

ヤグレーザーのデメリット2・波長が長く肌の奥まで到達するため肌トラブルのリスクがある

レーザー波長が長く、肌の奥まで届くというメリットがそのままデメリットになるという点は、肌トラブルにつながる可能性も否定できません。

前項で触れたように肌の深層部までレーザーが届くことで、高い脱毛効果が得られる反面、熱さを強く感じる人も出てきます。
そのことから、肌トラブルに影響が拡大してしまうリスクがあるのです。
ただ、ヤグレーザーを称するには、医療美容機関のために対処は万全を期していますが、このようなリスクがあることも認識しておくことです。

医療脱毛の機械の違いまとめ

これまで医療脱毛でつ別れている機械の違いを説明してきました。
蓄熱式レーザー脱毛器や熱破壊式レーザー脱毛器、そして、具体的なアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーなどの脱毛器を例に挙げて、その特徴やメリット・デメリットも紹介してきました。

それぞれの脱毛器は、脱毛効果で即効性が高い機器もあれば、効果が現れるまで時間がかかるものもあります。
また、痛みの少ないもの、熱さが伴ってしまうものまで、その機能や仕様、特性は様々です。
これらの機器の中で、自分がどの脱毛器が向いているのか、その特性をよく理解した上で、その機械が採用されている美容医療機関に通うことが重要になってきます。

そのために、脱毛処置を受ける前に、しっかりと調べておくようにしておくことです。