脱毛【20年前と今は何が違う!?】脱毛の歴史/痛い!高い!昔の脱毛事情

【脱毛サロンの20年前と今は何が違う!?】脱毛の歴史/痛い!高い!昔の脱毛事情

脱毛【20年前と今は何が違う!?】脱毛の歴史/痛い!高い!昔の脱毛事情

 

 

40代に聞きました/20年前の脱毛のイメージはどうでしたか?

現在40代の方に20年前の脱毛のイメージはどうたったのかと質問をしてみました。

20年前の脱毛のイメージは、約82%の方が「料金が高い」、57%の方が「痛みが強い」、約55%の方が「脱毛完了までが長い」、約30%の方が「施術時間が長い」、約25%の方が「予約が取りずらい」、約12%の方が「施術が荒い」と回答しました。

20年前は脱毛サロンやクリニックで脱毛をしている女性は少なかったので、現在よりも高額だったようですね。

料金が高くて諦めてしまった方も多かったようです。

20年前は現在に比べて脱毛は一般的ではなかったようです。

現在では脱毛サロンやクリニックに行く女性が増え、施術料金が年々安くなってきましたね。

その分、エチケットの1つとして脱毛をしている女性が一般的となっています。

 

 

40代の女性に聞きました/現在の脱毛サロンのイメージを教えてください。

40代の女性に現在の脱毛サロンのイメージを聞いたところ、以下のような回答が得られました。

現在の脱毛サロンのイメージは、約65%の方が「料金が安い」、約33%の方が「痛みが少ない」、約30%の方が「施術時間が短い」、約30%の方が「脱毛完了までが短い」、約20%の方が「予約が取りやすい」、約11%の方が「丁寧な施術」と回答しています。

現在の脱毛サロンは10代や20代の学生やOLが通いやすい料金になっていますよね。

学生や主婦のお小遣いでも通いやすい料金になったので、とても通いやすくなりましたね。

20年前は高くて諦めている方が多かったようですが、現在は金額はそれほど気にすることなく通える方が増えています。

脱毛器の改良により施術時の痛みが大幅に改善しているのも、脱毛が身近になっているポイントですね。

また、脱毛器の改良により施術時間が大幅に短くなり、仕事や学校帰りにも無理なく通えるようになっています。

それと同時に脱毛完了までの期間も短くなり、時間的・金銭的にメリットが大きくなっています。

施術時間や脱毛期間の短縮、予約方法の改善などにより、以前に比べると予約が取りやすいサロンが増えているようです。

 

 

40代の女性に聞きました/20年前の脱毛の思い出は?

「ワキ脱毛が痛すぎた!」。

20年前の脱毛は現在に比べて痛みが強かったようですね。

現在の脱毛器のように、レーザーの波長の微調整などが難しかったため、痛みが強く施術が耐えられなかったという声もありました。

「施術後に皮膚が赤くなった」。

20年前の脱毛器はレーザーの波長の微調整が難しかった、広範囲にレーザーのダメージがあるなどの理由から、施術後に軽い火傷を起こし皮膚が赤くなってしまうという声がありました。

「予約が取りずらかった」。

20年前は現在のように脱毛サロンが一般的ではなかったため、店舗数が少なく予約枠も少なかったようですね。

なかなか予約が取れなくて時間ばかりかかってしまったという声がありました。

「冷却機能が不十分で帰宅してからクーリングをしていた。」

現在の脱毛器はクーリング機能がついており、皮膚を冷やしながら施術をすることができます。

施術後は鎮静効果のあるローションなどを塗布し、肌をクールダウンさせています。

しかし、20年前の脱毛器は肌への刺激が強いだけでなく、冷却機能が不十分だったため肌のクーリングができず、帰宅してから肌を冷やしていたという方も見られました。

肌をしっかりクールダウンしないと、肌が乾燥しバリア機能の低下から肌荒れなどを起こしやすくなります。

20年前は、現在よりも脱毛のリスクがあったということですね。

 

 

40代の女性に聞きました/現在の脱毛サロンはどのように変りましたか?

「身近なものになり、サービスが向上した」。

20年前は脱毛をしている女性は少なく一般的ではありませんでした。

現在は脱毛をしている女性の割合が高く一般的なものになっています。

そのため、脱毛が身近になったと感じる方がおおいようですね。

「新しい施術方式が増え、痛みが軽減されたイメージ」。

最近ではipl、ssc、shrなど脱毛方式が増えて選択の幅が広がりましたね。

脱毛器の種類によってメリット・デメリットが異なるため、サロンによっては複数の脱毛器を使い分けているケースも増えてきました。

脱毛器は常に改良され、痛みがほぼない機種も出てきました。

「手軽な料金で利用でき、学生でも通える」。

20年前はワキ脱毛だけで30万円を超えていたという話も。

今なら100円でワキ脱毛ができるサロンもありますし、20年前の料金がいかに高かったのかが分かりますね。

サロンによってはお客さんの大半が10~20代前半というケースもあり、若い方が通いやすいサロンが増えています。

 

 

 

20年前と現在では脱毛にかける金額に差はあるの?

 

20年前と現在の脱毛の違いについて

 

40代の女性に聞きました/20年前は脱毛にどのくらい金額がかかっていた?

40代の女性に20年前に脱毛にどのくらいの金額がかかっていたのか聞いてみました。

最も多いのは約38%の「10万円以上~30万円未満」、約34%が「10万円未満」、13%が「30万円~50万円未満」、約6%が「50万円~80万円未満」、約9%が「80万円以上」でした。

20年前は脱毛に「10万円~30万円未満」かかっている方が多かったようですね。

 

 

20代の女性に聞きました/現在、脱毛にどのくらい金額をかけていますか?

20代の女性に、現在脱毛にどくらい金額をかけているのか質問しました。

最も多いのが約35%の「10万円~30万円未満」、約33%の人が「10万円未満」、約22%の人が「30万円~50万円未満」、7%の人が「50万円~80万円未満」でした。

現在は脱毛に「10万円~30万円未満」かかっている方が多いようです。

20年前と現在では脱毛にかける金額に差はありません。

しかし脱毛機器は年々、改良され脱毛効果が高くなり、肌へのダメージや痛みが少なくなっています。

また、20年前には少なかった「VIO脱毛」や「全身脱毛」などをする人が増えてきているのが特徴です。

多くの脱毛サロンが参入したことでサービスの向上もされ、どこの店舗もスタッフ教育にとても力を入れていますね。

現在の脱毛の状況と比べると、金額は20年前と変わりはありませんが、脱毛効果やサービス内容などを比較すると現在はとてもお得に脱毛ができる時代なのかもしれませんね。

 

 

40代の女性に聞きました/以前に脱毛した箇所は現在どうなっていますか?

「少し生えてきている」。

20年前に脱毛した箇所に毛が少し生えてきている方もいるようです。

サロンの脱毛は永久脱毛ではないので、通うのを辞めてしまうと少し生えてくるというケースもあります。

「ワキは2~3本生えるのみ」。

部位によっては全く生えてこなくなった方や、少し生えてくるがほとんど自己処理は要らない方など個人差があるようですね。

「25年前した脱毛はほとんど効果を感じられず。その5年後くらいにした脱毛では今も満足している」。

脱毛機器はどんどん改良され、脱毛効果が高くなってきています。

以前に脱毛した時は効果を感じられなかったという方も改めて脱毛に通ったら効果を実感できたという声がありました。

「完全に終わらなかったので、数本生えている」。

当時、脱毛完了しなかったため数本生えているという方も。

元に戻ってしまったという声はありませんでした。

20年前は現在に比べると施術の痛みが強い・金額が高い・効果が実感できないなどの理由で途中で辞めてしまったという方もいました。

脱毛サロンでは永久脱毛はできませんが、施術完了後は一定の脱毛効果をキープしていると答えた方が多かったです。

 

 

20代の女性に聞きました/脱毛サロンにどのようなイメージを持っていますか?

20代の女性に現在の脱毛サロンに持っているイメージを聞いてみました。

約39%の人が「施術時に痛みを感じない」と答えています。

32%の人が「料金が安い」、約34%の人が「丁寧な施術」、約20%の人が「予約が取りやすい」、約20%の人が「施術時間が短い」、約12%の人が「脱毛完了までが速い」と答えています。

脱毛というと痛みが強いというイメージがあったと思いますが、現在のサロンでは施術時の痛みはほとんどないと言えます。

スタッフの研修に力を入れているサロンが多く、丁寧な施術を評価する声が多かったです。

照射漏れがない、施術がスムーズなど技術を評価する声や、施術の際に不安がないように声かけをしてくれる、バスタオルや掛物をかけながら丁寧に施術してくれるなど対応を評価する声も多かったです。

脱毛サロンに通う女性が一般的になった事からサロンの予約が取れないことが問題になっていましたね。

多くの脱毛サロンはLINEやアプリなどから予約が取れるようになり、以前に比べて予約が取りやすくなったと評価する声が多くなりました。

施術時間は脱毛器の改良により短くなっているため、ずっと同じ体勢で寝ている負担もありませんし、仕事や学校帰りにも短時間で寄れるため便利になりました。

 

 

20代の女性に聞きました/脱毛サロンに求めていることは何ですか?

20代の女性に脱毛サロンに求めていることについて聞きました。

約66%の人が「料金の安さ」と答えています。

約50%の人が「脱毛効果」、約45%の人が「脱毛完了までの期間の短縮」、約45%の人が「予約の取りやすさ」、約38%の人が「産毛も処理してほしい」、約22%の人が「日焼けやシミの跡、ほくろがある肌でも施術できる」、約16%の人が「火傷や肌荒れがしづらい」と答えています。

現在の脱毛サロンに対するイメージと、脱毛サロンに求めることが一致している部分が多いですね。

安くて脱毛効果が高いサロンを求めている方が多いですね。

やはり、脱毛料金が高額だと支払いが続きませんし、学生さんなどが通いにくいですよね。

予約が取りやすいことを重視している方も多いですね。

どんなに安くて脱毛効果が高くても希望日に予約が取れないと施術が終わりませんよね。

最近では、契約時に複数回の予約をまとめて取れる脱毛サロンもありますよね。

予約方法が複数ある、店舗数が多い、施術時間が短いなど、予約が取りやすい条件が揃っているサロンを選ぶと良いですよ☆

 

 

 

20年前の脱毛と現在の脱毛の違いは?まとめ

 

20年前と現在の脱毛で最も異なるのは、「現在は脱毛が一般的になり脱毛をしている女性の割合が高い」ということですね。

20年前は脱毛をしている女性は少数でした。

現在は脱毛をしている女性が多数なので、脱毛サロンの数やサービスが増えて、好きなサロンを選ぶことができます。

20年前に比べて現在は、脱毛機器が進化し、脱毛効果が高くなり施術期間が短くなっています。

また肌への刺激が少ない機種が増えて、火傷などのリスクも少なくなっています。

現在は全身脱毛やVIO脱毛などを希望する方が多いのですが、20年前と比べて脱毛にかける金額にはほとんど差がありません。

20年前と比べて脱毛かける料金はそれほど変りませんが、現在は全身脱毛をする方が多いため料金は値下がっていると言えます。

現在は、脱毛料金が値下がっただけではなく、様々な割引キャンペーンや学割などを展開するサロンが増えたので、安くお得に脱毛をすることができますよ。

サロン選びで迷っている方は、料金が安いのは勿論ですが、予約が取りやすい店舗を選ぶと良いですよ。

予約方法が複数あるサロンや、口コミなどを参考に選んでみてくださいね。