久留米北ロータリークラブ創立40周年記念

Pocket

久留米北ロータリークラブ創立40周年記念久留米北ロータリークラブは、19 7 7年10月11日(昭和52年)に 4 8名のチャーターメンバーによって設立され本年で40周年を迎えることができました。40周年を迎えるに当たり宮原会長の下本年3月16日に記念実行委員会を設置し 準備にかかりました。創立40周年記念式典・祝賀会は10月12日に開催することに 決定しました。

記念事業の一つとして「記念講演会」を開催することとし、講師として元 RI理事で茶道裏千家十五代家元「千玄室」氏に白羽の矢を立て依頼したところ、ご多忙の中快く引き受けていただき、日程を9月3日と決定し、広く市民にも開放することとし、 広報に努めた結果、会場の久留米石橋文化ホールは、1 1 0 0人の会場一杯の来場者で埋まり、千先生のお話しに引き込まれました。

「一碗からピースフルネスを」をテーマとされ、 茶の伝来から喫茶の始まり、茶道の確立など茶の歴史、利休居士の{宅び茶の精神、そして一碗のお茶に込められた平和理念まで地球的スケールで90分間94オのご高齢にもかかわらず、立ちっばなしでお話になり参加者一同感銘を受けました。

久留米北ロータリークラブ創立40周年記念次に、記念式典・祝賀 会は、10月12日に莱香園ホテルで開催し、来賓として27 0 0地区から、安増惇夫ガバナーを始めパストガバナー・ガバナー補佐•第6グループ内会長・幹事にご出席いただき、更に姉妹クラブ台湾花蓮港区クラブから27名の公式訪問団も来訪いただき、会員・家族を含め総勢14 0人の参加で盛大に開催することができました。会場において、2番目の記念事業である、「世界の野球グローブ支援プロジェクト」に久留米市野球連盟のご協カの下引き続き取り組むことも発表されました。

久留米市内四ロータリークラプの親善ソフトボール大会開催、記念誌の発行作業が、残っておりますが、実行委員会の任務もほぼ完了したと言えるのではないでしょうか。久留米北ローターリークラプが50周年·60周年と更に発展することを祈念しご報告とさせていただきます。

 

創立40周年実行委員長 有馬 良信